諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

シェンゲン協定とは??ヨーロッパ周遊に便利な制度!でも、期間に気を付けて。

 

こんにちは、はたたてです。

 

さて、今回は「シェンゲン協定」について。

長期でヨーロッパ周遊を計画している人なら

まず最初に「なんだこれ?」と疑問に思うポイントかもしれません。

かく言う私も、その一人です。

そこで、シェンゲン協定について簡単にまとめましたので、

よろしければ参考にしてみて下さい。

 

 

シェンゲン協定とは...

f:id:hatatate30:20180716174129j:plain

1985年、ルクセンブルクのシェンゲン村で締結された協定。

なんと、

この協定に加盟しているヨーロッパ国家間では、

入国審査なしで国境を越えることができます!

 

f:id:hatatate30:20180716174337j:plain

 

 

しかしこのシェンゲン協定、注意点がひとつ。

滞在期間に制限があるという点です。

 

滞在可能日数は、外務省HP曰く

「あらゆる180日の期間内で最大90日間」 

というもの。

 

 

・・・正直、ちょっと分かりづらくないですか。

これがどういうことかと言いますと…

f:id:hatatate30:20180716150623j:plain

 例えば、9月~11月の90日間

シェンゲン協定加盟国を巡るとします。

(上図の黄色で示してある期間です。)

あらゆる180日間(約6か月)のうち、

90日(約3か月)シェンゲン内に滞在していると

他の加盟国には入国できないということは、

ここで言うと12月~2月の間は

シェンゲン内に入国できません。

再入国できるのは、3月からとなります。

 

 

また、次の例を見てみましょう。

f:id:hatatate30:20180716171208j:plain

 上図のように、9月・11月・1月の90日間を

シェンゲン協定加盟国で過ごすとします。

すると、2月にはシェンゲン外に出なければならず、

再入国できるのは3月からです。

しかも、過去180日のうち、

9月の30日分しかリセットされていないため、

3月からシェンゲン内に再入国しても

30日間しか滞在できません。

そしてこの場合、90日間連続で

シェンゲン内に滞在できるのは

7月以降となります。

 

 

このように、シェンゲン協定とは

入国審査の手間を省く便利な制度なのですが、

長期滞在を計画する人にとっては

少しやっかいなものと言えます。

実際私も、この協定に出鼻くじかれた感はあります・・・

f:id:hatatate30:20180716174758j:plain

 

f:id:hatatate30:20180716174823j:plain

 

f:id:hatatate30:20180716174842j:plain

 

・・・半年間とか、無理やんけ。

 

最大90日間やんけ。

 

 

というわけで、このシェンゲン協定によって

私の浅はかな妄想は打ち砕かれたのですが、

 

まあ冷静に考えると

半年間ヨーロッパは金銭的に厳しいですし、

時間が足りず行けない国に関しては

今後の人生のお楽しみという事で

とっておこうと思います。

それに、ヨーロッパ以外にも

行きたい国はたくさんあるわけだし。

 

そんなこんなで、旅のルート計画中です。

以上、シェンゲン協定についてでした〜!