諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

見所その③イタリア

こんにちは、はたたてです。

 

今回は見所その③

イタリアについて。

 

4ヶ国目のイタリア。

滞在日数約50日を予定しています。

過去の記事でも申し上げましたが、

ヴァチカン

サン・マリノ

マルタ の3ヶ国滞在も

50日の中に組み込まれています。

 

f:id:hatatate30:20180920214028j:plain

 

 約50日。1ヶ月半以上。

やたら長いとお思いでしょう。

なぜなら何を隠そう私、

イタリア縦断を目論んでいるのです。

 

f:id:hatatate30:20180920214507j:plain

f:id:hatatate30:20180920214528j:plain

f:id:hatatate30:20180920214554j:plain

行きたい都市はこんな感じ。

こうやって見ると、やたら北部に集中してるな…

まあ、変更予定は全然あります。

気分と状況次第で臨機応変にやっていこうかと。

見所は、もう、なんか、あの

ありすぎるし、言わずもがなってくらい

有名な観光地ばかりなのでやめときます。はい。

 

◆◇◆◇◆◇

 

実は私、イタリアへは過去に1度行ったことがあるんです。

あ、こっから下は回想なんで

読んでも読まなくても大丈夫なとこです。

気分が乗ったらお読みください。

 

初めて訪れたのは約4年前。

大学の卒業旅行でした。

そのときの夢のような8日間は、

今も忘れられません。

 

異国の地の洗練された雰囲気に魅了され、

荘厳な建物の数々に圧倒され、

心優しい現地の方々に助けられ…

 

こうして当時の旅は良き思い出となり、

今も心の中に留まり続けています。

 

もちろん、美化された点もあるかと思います。

初めてのヨーロッパということもあり、

気心の知れた2人の友人と一緒ということもあり、

そしてツアーという安心感もあったからこそ、

ここまで美しい思い出として残っているのだと理解しています。

滞在中、トラブルもそれなりにあったと思うのですが

その辺は都合よく忘れ始めています…

 

でも、明確に感じて覚えていることが

また絶対この場所に来たい

ということ。

 

初めて訪れたヨーロッパの国が

フランスならフランスに対してそう思ったでしょうし、

ドイツでもスペインでもそうでしょう。

それが私にとってはイタリアだったというだけの話です。

とにかく、当時のその感情が未だに薄れないので、

再びイタリアへ行こうと決めました。

 

 

また、滞在中に感じたことのもうひとつが

現地の言葉が話せたら

もっと楽しめるだろうな

ということです。

 

偶然にも、前の職場の近くに

イタリア語教室があったので、

約2年通いました。

結果、自信をもって話せる!とはいきませんが

何とか知っている単語を駆使して観光はできるかな…

という程度になりました。

レベルで言うと、イタリア語検定4級レベルです。

 

そのなけなしのイタリア語力を試したいということもあり、

どうせなら縦断してみっか!という

無鉄砲極まりない動機で

約50日という計画をいたしました所存です。

 

 

とまあ何やらかんやら申し上げましたが、

簡潔にまとめると

浮かれた気分で行った場所が

めっちゃ楽しかったから

もっかい行きてえな〜〜〜

ですね。

 

◆◇◆◇◆◇

 

というわけで、見所その③

イタリアについてでした。

次回は見所紹介ラスト!

その④クロアチアについてです。