諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

長期旅行の持ち物は?バックパッカーのカバンの中身

f:id:hatatate30:20180926131917j:plain

こんにちは、はたたてです。

 

 

今回は持ち物について。

旅人にとって、何を持って行くか?

どのくらい持って行くか?というのは

悩みどころのひとつかと思います。

 

しかも長期の海外一人旅、

これはあった方がいい!なんてものは

そうそう思いつきません。

 

 

私の場合、

 

バックパッカーって言うくらいだから

バックパックを手に入れなければ!

でもどんな?どのくらい荷物が入るの?

着替えは?何日分必要?洗濯できるの?

電子機器は?スマホで調べ物したいときは

街中でネット使えるの?やっぱポケットWi-Fi?

 

などなど、 疑問がザックザク出てきたわけです。

そこで、偉大なるバックパッカーの先輩方の

サイトを徘徊して持ち物をチェックし、

そこに普段の旅行で自分が必要だと思うものをプラスして

バックパッカーのカバンの中身

をまとめてみました〜。

 

持ち物について悩んでいる方、

よろしければご参考にしてみて下さい。

 

 

バックパッカーのカバンの中身

さて、今回私が持って行くものはこちら!

f:id:hatatate30:20180926132048j:plain

①街歩き用カバン

こまごましたものが多い。

あと、イラストにも書きましたが

HealthyBackBag のバッグがとても優秀。

コンパクトな見た目に反して、大容量なんです。

しかもポケットがたくさん付いてる。

内側にチャック付きのポケットがあるので、

財布を入れておいてもいいかも。

 

ちなみに重さを量ると、2.7kgでした。

現地で購入するペットボトルを入れると

3kgちょいですかね。

電子機器が重いんだなぁ〜

iPadとかデジカメとかモバイルバッテリーとか。

でもバックパックに入れておくわけにはいかないので…

 

貴重品はセキュリティポーチに入れて、

文字通り肌身離さず持ち歩きます。

 

f:id:hatatate30:20180926132059j:plain

②衣類

 下着とTシャツの着替えは4日分、

その他衣類は2〜3日分といったところでしょうか。

そんで3、4日に1回洗濯という感じ。

宿泊先に洗濯機があれば良いのですが、

なければ手洗いです。

そしてほとんどユニクロ。黒い。

いいんです!

オシャレしに行くわけじゃないから!!

 

秋冬のヨーロッパになぜ水着を持って行くんだこいつ…

とお思いの方。

なぜなら、温泉に行くからです!!!!

ヨーロッパの温泉は日本とは違い、

水着を着用して入浴するようです。

温水プールに近いみたいですね。

ハンガリーで温泉に行く予定なのですが、

他にもあったら絶対入ってみたくなるから〜〜〜

 

カッパ兼ウインドブレーカーは、

アウトドア用品店 montbell で購入。

店員のお兄さんに、

「一番雨風がしのげて、

あったかいやつ下さい!」

と言って選んでもらいました。

プロに聞くのが一番!!

 

そしてこの旅の相棒バックパック

MILLET KHUMBU45(ミレー クンブ45)

です。読みはクンブで合ってた。

容量は45ℓ。

正直、ℓで言われてもピンと来ないですよね。

大きさについては、やはりお店に出向いて

実物を確認した方が感覚がつかめたので

店頭で買って良かったです。

容量は本当に様々で、

大きいものは多分3歳児くらいなら

楽々入りそうだな…と思いました。

 

イラストにもあるように、

盗難防止で南京錠をつけるために

開け口がジッパーのものを探していたのですが

これがなかなか見つからない!!

店員さんがおっしゃるには、

40ℓ〜だとたくさん荷物を入れるため、

ジッパーだと重みに耐えきれず

壊れてしまう可能性があるそうです。

そのため、大容量になればなるほど

ヒモで締めてフタをかぶせるフラップタイプが

多くなってしまうんだとか。

 

スポーツ用品店やアウトドア用品店を

5軒ほど回り、

登山用品店の 好日山荘 にてやっと出会えた

すでに思い入れのあるバックパックです。

まだ旅出てないけど。

 

f:id:hatatate30:20180926132110j:plain

③電子機器

 情報収集やブログ更新の為に

ノートパソコンを持って行く

という方も多いようですが、

私はiPadとコードレスのキーボード

代用しようと思います。

お絵描きもしたいので、

Apple Pencilも忘れずに!

 

また、ポケットWi-Fiを借りずとも

スマホに現地のSIMカードを挿入すると

海外でもネットが使えるようです。

私はAmazonであらかじめ購入しておくことにしました。

ヨーロッパの40ヶ国以上で使用できる

Three というイギリスの会社のプリペイドSIM

12GBと3GBを1枚ずつ持って行きます。

3GBの方は念のため用意。

 

 

④日用品

 出ましたジップロック。

とりあえず何でもかんでもジップロックに入れがち。

すでに小物の仕分けにジップロック使ってます。

ちなみに、通常のものとフリーザーバッグがあるのですが

フリーザーバッグの方が厚手なのでおすすめ。

 

一人旅で強化するべきは、

やはり防犯だと思うんです。

荷物を見張ってくれる人はいないので。

やむを得ず荷物から離れなければいけないときや

乗り物に乗っていて寝てしまいそうなときは、

ワイヤーロープと南京錠があれば

荷物を柱または座席にくくりつけておけます。

また、ドミトリーによっては

ロッカーに鍵がついていないこともあるそうなので

南京錠があれば安心です。

この辺の防犯技術は

偉大なるバックパッカーの先人たちのブログに

度々書いてありました。いや本当に偉大。

 

 

⑤食器・食品

 そんなに贅沢はできない今回の旅、

宿で自炊する日もあるかと思うので

最低限の食器と調味料を用意しました。

現地のスーパーに行くのも

何気に楽しみにしています。

 

また、日本の味が恋しくなったときのために

インスタント味噌汁と醤油も連れて行きます。

量が限られているので、計画的に使わなければ…

 

 

⑥書類入れ

 大事な書類がしわくちゃにならないよう、

ポケット付きのファイルを持っていきます。

現地でもらったパンフレットなんかも

キレイに持ち帰ることができる!

 

 

f:id:hatatate30:20180926132120j:plain

 ⑦衛生用品

この辺の消耗品は

無くなり次第現地購入できそう。

 

シャンプー、リンスを詰め替えパックごと持って行く

という方法を編み出した友達。

こいつが天才か!?と思いました。

真似するほかない。

 

 

⑧薬

 海外にも薬は売ってると思いますが、

説明書に何書いてあるか分かんないだろうし…

思いつくものは持って行くことにしました。

 

 

◆◇◆◇◆◇

 

とまあ、こんな感じです。

無駄なもの、足りないものありそうだな〜

旅行前って、期間にかかわらず

なんか持って来るの忘れた気がする…

って不安になっちゃうんですよね。

 

そして以上の持ち物を入れた

バックパックの総重量は…

 

11kgでした!!

 

いや重すぎ!!!!

絶対無駄なもの入ってる!!!!

あ、でも冬に防寒具を着用したら

バックパックの中身は減るので…はい。

 

 

今回旅をしてみて、

持ち物についての追記があればまた

バックパッカーのカバンの中身 改訂版

を更新したいと思います。 

 

以上、持ち物についてでした。

それではまた〜