諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

【ウィーン】国立図書館プルンクザールに行ってきました!思わずため息が出てしまう、芸術品のような美しい図書館…。

f:id:hatatate30:20190320095806j:plain

こんにちは、はたたてです。

 

今回はウィーンの国立図書館

プルンクザールに行ってきましたレポ!

 

 

もうね、超かっこいいっすよ。

素敵すぎる。

ウィーン行く方全員に行って欲しい。

異世界に迷い込んだような感覚になる。

 

あーーーあの素晴らしさを言葉で

うまく伝えれられない自分の語彙力に

心底がっかりしております。

 

さあ写真の力に頼りますよー!

 

◆◇◆◇◆◇

 

訪れたのは2018年10月5日金曜日。

この日も天気が良かったなあ~。

f:id:hatatate30:20190322004552j:plain

ミヒャエル広場から見たホーフブルグ王宮。

 

国立図書館プルンクザールは

ウィーン中心部にあるホーフブルク王宮の

敷地内にあるのです。

f:id:hatatate30:20190320094642j:plain

 ホーフブルグ敷地内に立っている地図。

この地図でいうと④がプルンクザールです。

 

とても広大な土地である上、

博物館や教会、庭園など

たくさんの見所があるため、

敷地内のあちこちに

このような地図が設置してあります。

それでもけっこう迷った(方向音痴)。

f:id:hatatate30:20190320094724j:plain

こちらが入り口。

 個人的に、入り口の場所が分かりづらかった…。

f:id:hatatate30:20190322005215p:plain

えっそんな端っこ!?

ってなりました。

ちなみに真ん中の像は皇帝ヨーゼフ2世。

マリア・テレジアの息子で

マリー・アントワネットとは兄妹にあたります。

彼が目印ということで。

 

 

入って左側にチケット売り場があります。

入場料は€8。

 

階段を上ると図書館入口。

f:id:hatatate30:20190320094803j:plain

入口にはスタッフのおじさんがおり、

写真は撮っていいけど

フラッシュは使わないでね的なことを言われました。

 

フラッシュを使ってしまった人は

ノーーーフラッシュ!!!!

とおじさんに厳しく注意されます。

f:id:hatatate30:20190320095213j:plain

一歩足を踏み入れると

そこはもう現実から切り離された世界…。

f:id:hatatate30:20190320095146j:plain

f:id:hatatate30:20190320095830j:plain

f:id:hatatate30:20190320095123j:plain

壁を埋め尽くす本に圧倒されました。

蔵書は20万冊以上。

この数にピンとこない方も、

ここを訪れれば実感できるはず。

 

ちなみにこれらの書籍は

手に取って見ることはできません。

f:id:hatatate30:20190320095949j:plain

この図書館の説明。

各自読んんだり読まなかったりしてください。

f:id:hatatate30:20190320094939j:plain

中央部の像はカール6世。

彼の命令によりこの図書館が作られたそうです。

f:id:hatatate30:20190320095004j:plain

かっこいい~。

カール6世込みで写真を撮りたくなる。

アングルを変えつつ激写。

f:id:hatatate30:20190320095032j:plain

f:id:hatatate30:20190320095059j:plain

f:id:hatatate30:20190320095444j:plain

f:id:hatatate30:20190320095624j:plain

頑張って良いアングルを

模索していたのが分かります。笑

f:id:hatatate30:20190320095535j:plain

f:id:hatatate30:20190320095602j:plain

二階まで本がびっしり。

細部まで見逃せません。

f:id:hatatate30:20190320095237j:plain

美しい天井画にも注目です。

f:id:hatatate30:20190320095512j:plain

ドーム部分の天井画。

f:id:hatatate30:20190320094845j:plain

書籍は閲覧不可ですが、

展示が多くあるのが嬉しいです。

f:id:hatatate30:20190320095856j:plain

英語での説明もありますので、

読める方はより楽しめるかと…。

私は楽しめない人…。

f:id:hatatate30:20190320095337j:plain

f:id:hatatate30:20190320095422j:plain

この高い梯子に登って

上の本を取っていたのかと思うと…

なんていうか…

なんか興奮します。

ときめかざるを得ない。

f:id:hatatate30:20190320100012j:plain

f:id:hatatate30:20190320095650j:plain

f:id:hatatate30:20190320095716j:plain

この大きい地球儀にロマンを感じる。

f:id:hatatate30:20190320095741j:plain

f:id:hatatate30:20190320095924j:plain

面積自体はそう広くないのですが、

美術品のような美しさを持つ

見ごたえのある図書館。

それなりの時間をとって

ゆっくり見学したい場所です。

決してせかせか見るような雰囲気ではない。

ちなみに私は30〜40分ほど滞在しました。

 

しかも、いい感じに椅子が

点々と設置してあるんですよ…。

 

座っていると思わず

この図書館にズブズブ身を浸して

昔の人々に思いを馳せながら

うっとりと眺めてしまいます。

 

気づいたらもうこんな時間!

とならないようお気をつけください。

 

 

プルンクザール、とても素敵な図書館でした。

ウィーンおすすめスポットのひとつです!!

気になった方は是非。

 

◆◇◆◇◆◇

 

今回はこの辺で。

それではまた。