諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

【ウィーン】シュテファン大聖堂に行ってきました。眺め抜群の南塔にも登ってきましたよ!

f:id:hatatate30:20190402132717j:plain

こんにちは、はたたてです。

 

今回はウィーンのシンボル

シュテファン大聖堂に行ってきましたレポ!

 

◆◇◆◇◆◇

訪れたのは2018年10月6日土曜日。

地下鉄Stephansplatz駅を下車し、

階段を上るとすぐに見つかりました。

f:id:hatatate30:20190403113942j:image

どーん。

まずその大きさに驚きます。

到着時間は8:25ごろ。

写真に時計の時刻がバッチリ写ってますね笑

 

ちなみにシュテファン大聖堂の見学時間は

6時〜22時まで。(日・祝は7時〜22時)

見学は無料ですが、

場所によっては有料のエリアもあります。

f:id:hatatate30:20190402134145j:image

聖堂内に入ると、ちょうどミサ中でした。

後方では十数名の観光客が見学していたので、

私も混ざって静かに見学。
f:id:hatatate30:20190402134137j:image

朝早くから多くの方が祈りを捧げている光景に

新鮮さと文化の違いを感じました。

 

ミサは厳かに進められてゆきます。

シャッター音とか鳴らせられる雰囲気じゃない。

 

実際、物音を立ててしまった観光客は

ミサ中のおばさまに鋭い視線を向けられていました…。

 

撮影禁止とは書いてありませんでしたが、

ミサ等の儀式を撮らせてもらう際は

シャッター音は無音設定にしておきましょう。

 

また、教会によっては

内部の撮影自体禁止の場合もあります。

f:id:hatatate30:20190402134210j:image

ミサの後は内部を見学。

f:id:hatatate30:20190403122814j:image

高さのあるバロック様式。

ステンドグラスも美しいです。

f:id:hatatate30:20190403123129j:image

 

さてこちらのシュテファン大聖堂ですが、

少し高い北塔

もっと高い南塔

2つの塔を持っております。

どちらも登ることは可能。

北塔はエレベーターがありますが、

南塔は自力で階段を登らなければいけません。

 

 

ここはやっぱり南塔でしょう。

(体力が有り余っている)

f:id:hatatate30:20190402134343j:plain

内部見学を終えてさっそく南塔へ。

南塔の入り口は聖堂の外にありますのでご注意ください。

 

入り口に着くと、どうやらまだ開いていない様子。

看板には9時オープンと書いてありました。

時計を見ると8時55分。

どうりで誰もいないわけだ。

 

ということで5分ほど入り口付近で待ちます。
f:id:hatatate30:20190402134415j:image

待っている間に受付の方が準備をしはじめ、

私の他にお客さんが2、3人増えました。
f:id:hatatate30:20190402134407j:image

9時、オープンと同時に入場。

入り口でチケット€5を払い、

いざ登頂!
f:id:hatatate30:20190402134400j:image

うす暗い螺旋階段を登っていきます。

 

登って数分、

こりゃキツイ。

 

久しぶりに息切れしました。

 

こんなに足の筋肉をフル稼働させたの

何年振りだろうってくらい。

 

普段の運動不足もたたっていたのでしょうが、

ふくらはぎの筋肉張り裂けそうになりました。笑
f:id:hatatate30:20190402134334j:image

一時停止を挟みつつ、

謎のクライマーズハイで

ガシガシ登り続けます。
f:id:hatatate30:20190402134423j:image

明るくなってきてホッとします。

ここからの景色がすでに良い…!

f:id:hatatate30:20190402135304j:image

暗い螺旋階段をだいぶ登ってくると

このように内部が開けた構造になります。

 

息を整えつつ見学。
f:id:hatatate30:20190402135256j:image
f:id:hatatate30:20190402134851j:image

ちなみにまだ展望台じゃありません…。
f:id:hatatate30:20190402134941j:image

頂上まであと少しだと

予感させるような造り…。
f:id:hatatate30:20190402134825j:image

登り始めて10分弱。

ようやく展望台のドアらしきものが…!

案外小さいこのドアを

おそるおそる開けると…
f:id:hatatate30:20190402134730j:image

展望台到着!

どうやら本日の一番乗りでした٩( ᐛ )وやったね。

展望台内部は小さなお土産売り場もあります。

f:id:hatatate30:20190402134628j:plain

売り場のお兄さんが

ハローと挨拶をしてくれました。

お兄さんが一番乗りだった。

 

このお兄さんの通勤路

この上なく険しいな…。

f:id:hatatate30:20190402140049j:plain

壁にはこのような窓がいくつか設置してあり、

そこから景色を楽しむことができます。

f:id:hatatate30:20190402134536j:plain

そしてウィーン市内の眺め!

素晴らしい…!
f:id:hatatate30:20190402134809j:image

ミニチュアドールハウスのような

可愛らしい街並み。

オレンジ色の屋根が温かみを感じさせます。

ぴょこぴょこ生えているとんがり屋根もキュート。
f:id:hatatate30:20190402134909j:image

アップでも撮りたくなる。
f:id:hatatate30:20190402135322j:image

傍らの壁には

窓から見える建造物の

説明も掲示されています。

f:id:hatatate30:20190402134610j:plain

こんな掲示も。

これを見ると、この展望台は南塔全長の

真ん中ぐらいの高さだということを

思い知らされます。

このしんどさで…?!

f:id:hatatate30:20190402135350j:plain

343段の階段

登り切ったな、やったな

的なお言葉も頂けます。
f:id:hatatate30:20190402135237j:image

モザイクの屋根もバッチリ見える!

f:id:hatatate30:20190402135215j:image

角度を変えると、そこには

ハプスブルク家の紋章である双頭の鷲が。

f:id:hatatate30:20190402140029j:plain

f:id:hatatate30:20190402134722j:image
f:id:hatatate30:20190402135246j:image
f:id:hatatate30:20190402135406j:image

f:id:hatatate30:20190402135332j:plain
f:id:hatatate30:20190402134833j:image

シェーンブルン宮殿では

ウィーンの中心より少し離れた場所から

街全体を一望できましたが、
f:id:hatatate30:20190402134931j:image
このシュテファン大聖堂の塔は

ウィーンのど真ん中から

街を望めるのが

魅力だなと感じました。

街が近い…!
f:id:hatatate30:20190402134921j:image

また、ウィーンのど真ん中から

街を見ることによって、

旧市街から遠いところには現代的なビルが

多く建ち並んでいることに気付きます。
f:id:hatatate30:20190402135050j:image

この街では、歴史的な建造物と

都会的な新しい建物が共存している

という印象を受けました。

f:id:hatatate30:20190402134648j:image
f:id:hatatate30:20190402134619j:image

下を見ると

結構な高さにビビります。
f:id:hatatate30:20190402134759j:image

街中の様子も見られます。

どうやら人が増え始めてきたよう。

 

写真撮影に夢中になっていると

展望台にも観光客が増えてきました。

名残惜しいけれど退散。

 

せっかく登った高い場所から下界へ戻る…。

なんと後ろ髪を引かれることか。
f:id:hatatate30:20190402134841j:image
そして下り階段もキツイ。

登りとはまた違ったしんどさがあります。

f:id:hatatate30:20190403140858j:image

登りのように筋肉が悲鳴を上げることは無いのですが、

ひたすら螺旋階段を下ってとにかく目が回る。

 

正直気持ち悪くなりました。

階段酔いは人生初。

 

乗り物酔いしやすい方は、

焦らずゆっくり下ることをおすすめします。

f:id:hatatate30:20190402135150j:image

最後に大聖堂の周りをぐるっと一周。
f:id:hatatate30:20190402135057j:image
外壁の彫刻も見ごたえがあります。
f:id:hatatate30:20190402135311j:image
f:id:hatatate30:20190402135141j:image

モザイク屋根は下からも見えます。

上から見たときは迫力がありましたが、

下から見るとポップな可愛らしさを感じます。
f:id:hatatate30:20190402134553j:image
f:id:hatatate30:20190402134715j:image

f:id:hatatate30:20190402134657j:image
f:id:hatatate30:20190402135207j:image
f:id:hatatate30:20190402134902j:image
f:id:hatatate30:20190402134637j:image
f:id:hatatate30:20190402134818j:image
f:id:hatatate30:20190402135110j:image
f:id:hatatate30:20190402135127j:image
f:id:hatatate30:20190402135158j:image

ひとつひとつは非常に繊細な彫刻なのですが、

その繊細がこうも一気に集合すると

ド迫力に変化するのだなと学びました。
f:id:hatatate30:20190402135134j:image
f:id:hatatate30:20190402134706j:image

f:id:hatatate30:20190402134601j:image

f:id:hatatate30:20190402135116j:image

聖堂の周辺には馬車もちらほら。

f:id:hatatate30:20190402134545j:image

地面を蹴る蹄の音がまた良いんです。

パカラッパカラッと

快活な音が高らかに響き渡ります。

 

◆◇◆◇◆◇

 

このシュテファン大聖堂、

なんといっても南塔が印象的でした。

 

美しい景色もそうなのですが、

やはり階段が…笑

 

この旅で様々な塔や鐘楼に登りましたが、

私的しんどい塔ランキング1位は断トツでここです。

 

ここを登った後に訪れた場所は全て

「階段つらかったけど、

 シュテファン大聖堂ほどじゃないな…。」

と思いました。本当に。

 

一番最初に登った塔が

この鬼レベルの塔だったばっかりに、

妙な基準が出来てしまいました。

今後も生かします。

 

とにかく、なめてかかってはいけない険しさです。

でも、しんどい階段を登った先の光景は格別ですよ~!

◆◇◆◇◆◇

 

今回はこの辺で。

 

それではまた。
f:id:hatatate30:20190402134352j:image