諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

【リュブリャナ】のんびり散策その①街のシンボル、リュブリャナ城へ!

こんにちは、はたたてです。

今回はリュブリャナのんびり散策その①

リュブリャナ城に行ってきましたレポ。

 

スロヴェニアの首都、リュブリャナ。

正直この旅を計画するまでは

スロヴェニアという国がどこにあるのかも分からず、

首都に至っては聞いたこともないという状態でして…。

知識やイメージが皆無だったわけです。

 

旅の工程に組み込んだのも単純な理由で、

ルート的に近いから寄ってみようというものでした。

 

しかし、実際に訪れてからはもう…

好き。

 

もう一回行きたい。

いっそ住みたい。

なんなら生まれ変わったら

リュブリャナっ子になりたい…

と思ったほど、居心地の良い街でした。

 

そんなわけで、2日間のリュブリャナ滞在の様子を振り返りつつ

この街の魅力をご紹介。

 まずは街のシンボルでもあるリュブリャナ城から~。

 

◆◇◆◇◆◇

訪れたのは2019年10月23日火曜日。

旧市街を通って、高台のお城を目指します。

f:id:hatatate30:20200221183708j:image

10月半ばですが、秋の陽気というより冬の冷気を感じました。

霧がうっすらと街にかかり、なんだか幻想的。
f:id:hatatate30:20200221183712j:image

時刻は9時ごろ、人通りは少なめ。

見上げると、霧の向こうにリュブリャナ城が見えています…!

この時点でもうわくわくが止まりません。

f:id:hatatate30:20200211151805j:image

旧市街にはレストランやお土産屋さんなどが並び、

店員さんが開店準備をしていました。

一日の始まりという雰囲気。

f:id:hatatate30:20200211151358j:image

旧市街から少し路地に入って、坂道を登っていきます。

ケーブルカーもあるようですが、

塔や坂道はできるだけ自分の足で登るという

自分ルールに従います。笑
f:id:hatatate30:20200211151337j:image
f:id:hatatate30:20200211151352j:image

やはり人通りが少ない。

登りの道中は、2~3人くらいしか会いませんでした。
f:id:hatatate30:20200211151826j:image

噂のケーブルカーの線路(?)発見。
f:id:hatatate30:20200211151833j:image

終着点があるということは、

もうすぐリュブリャナ城に着くか…!?
f:id:hatatate30:20200211151814j:image

ラストスパート、階段を登って…
f:id:hatatate30:20200211151819j:image

リュブリャナ城到着!

登り始めてから10分~15分ほどで着きました。

9時過ぎから登り、9:15の時計がバッチリ写っているので間違いありません。笑

f:id:hatatate30:20200211151921j:image

振り返るとそこには、霧に覆われたリュブリャナの街が。

10分前に旧市街にいたとき、

街がもやっとして見えるなあ、霧っぽいなあと思っていましたが

これを見ると、あぁどうりで…という感じです。笑

f:id:hatatate30:20200211151931j:image

リュブリャナ城、かつては城塞だったということで

外観はシンプルで無骨な感じです。
f:id:hatatate30:20200211151936j:image

こちらが入場チケット金額表。

今回私はオーディオガイド付きの

10€のものを購入。

f:id:hatatate30:20200211151927j:image

こちらがオーディオガイドと地図。

なんと日本語対応あり!!ありがたや!!

ということは、日本の観光客が多いのだろうか…?

 

このオーディオガイド、情報が本当に盛りだくさんなので

借りることをオススメします!!

お城の説明はもちろん、人形博物館や

スロヴェニアの歴史にまつわる展示コーナーでも説明してくれます。

ちゃんと全部聴こうと思ったら

半日以上かかりそうなくらいでした…!
f:id:hatatate30:20200211151942j:image
いざ城内へ!!

f:id:hatatate30:20200211152137j:image

門をくぐると、こちらの中庭に出ます。

城壁内はこんな感じ。
f:id:hatatate30:20200211152150j:image

真ん中の大きな中庭を起点として、

地図にある見所を自由に回っていきます。
f:id:hatatate30:20200211152133j:image

それぞれの見所には番号がふってあり、

オーディオガイドにその番号を入力すると説明が聴けます。
f:id:hatatate30:20200211152145j:image

大砲や火薬庫、貯水槽など

見所はたくさんありましたが、

 

一番印象的だったのはやっぱり

展望台からの眺め!!

f:id:hatatate30:20200211152449j:image

天気が良いときは、なんとここから

スロヴェニア全体の1/3の景色が見られるとのこと!

私が行ったタイミングは霧がかかっていたため

街全体を一望…というわけにはいきませんでしたが、

これはこれで見ごたえがありました。
f:id:hatatate30:20200211152125j:image

霧が風に運ばれて、近くの山から街へと

どんどん流れ込んでいく風景が面白かった~。

美しい街が霧に侵食されていく姿に、目が離せませんでした。

f:id:hatatate30:20200211152345j:image

f:id:hatatate30:20200211152353j:image

展望台からは中庭も見られます。

中庭の向こう側の街は、けっこう都会的。

 


お次はお城の敷地内にある

聖ゲオルギウスのチャペル。
f:id:hatatate30:20200211152400j:image
f:id:hatatate30:20200211152434j:image

また、お城の一部は

博物館や展示場としても利用されています。

f:id:hatatate30:20200221210101j:image

こちらは人形博物館。

f:id:hatatate30:20200211152803j:image

心惹かれる人形の数々…。

f:id:hatatate30:20200211152609j:image

この子は紐を引っ張ると

手足が動いたりまばたきをしたりしてくれます。笑

f:id:hatatate30:20200211152754j:image

どいつもこいつも表情が絶妙。

 

 

午前中いっぱいリュブリャナ城を満喫して、

お昼頃に退散しました。
f:id:hatatate30:20200211153248j:image
帰りも歩きで。


お昼になると霧がすっかり晴れて、

可愛らしい街並みを眺めながら坂を下りました。

オレンジ色の屋根が並び、あたたかみを感じます。

f:id:hatatate30:20200211153031j:image

午後はレストランに行き、

旧市街をぶらぶら散策!

その②に続きます~。
f:id:hatatate30:20200211153011j:image

ということで今回はこの辺で。

それではまた。

 

その②街歩きレポ↓↓↓

www.shokokumanyu.work

 

その③市場と公園レポ↓↓↓

www.shokokumanyu.work

 

f:id:hatatate30:20200221210052j:image