諸国漫遊

会社辞めてバックパッカーになる話。

【ポストイナ】大迫力のポストイナ鍾乳洞を探検!予約は必要?どんな服装で行けばいい?

 

こんにちは、はたたてです。

 

今回は、スロヴェニアいちの大迫力スポット

ポストイナ鍾乳洞に行ってきましたレポ。

 

ダイナミックで美しい光景が広がるポストイナ鍾乳洞。

トロッコ乗車&徒歩ツアーで地下世界を探検できる、

スロヴェニア観光で押さえておきたい名所のひとつです。

首都リュブリャナからバスで1時間ほどで行けるため、

日帰り旅行先としても楽しめます。

 

そんなポストイナ鍾乳洞の探検レポと、

チケットの取り方ツアー時の服装もご紹介します!

 

◆◇◆◇◆◇ 

ツアーチケット入手について

 

まずはチケット入手。

今回は、あらかじめ予約しておくことにしました。

現地で直接購入も可能のようですが、

この鍾乳洞は確実に行きたかったので…!

 

予約は、ポストイナ鍾乳洞のHPから申し込みできます。

↓↓↓

https://www.postojnska-jama.eu/en/

 

予約フォームより必要事項を入力すると、予約完了メールが届きます。

メールの内容はこんな感じ。

f:id:hatatate30:20200514224953j:image

f:id:hatatate30:20200514225024j:image

このメールにはバウチャーとインボイスが添付されていました。

バウチャーはこんな感じ。
f:id:hatatate30:20200514225020j:image

ここまで出来ればもう完璧!

あとは現地の窓口でこの画面を見せるだけ。

チケット代は25.80€。ハイシーズンだと27.90€になるようです。

今回私は16時のツアーを予約しました〜。

 

 ◆◇◆◇◆◇

リュブリャナ→ポストイナへの移動

 

2018年10月26日金曜日。

リュブリャナ駅11:30発のバスに乗り、目的地のポストイナへ向かいます。

ちなみにバスチケットの購入は、ブレッドの時と同じく

窓口で「ポストイナまで」と言えばOK。片道7.5€。

 

バスチケットについては、以下記事をどうぞ。

www.shokokumanyu.work

 

バスはリュブリャナから遠ざかり、窓の外は牧草地と山、小さな街の繰り返しに。

f:id:hatatate30:20200518150814p:image

リュブリャナ⇄ブレッド間が意外に平坦な道だったから、

今回もそんな感じかと余裕こいてスマホいじってたら…

めっっっちゃ道グネグネ。

完全に油断していました…。

ポストイナまでの道のり、乗り物酔いしやすい方はお気をつけ下さい。

 

寄せては返す吐き気の波と闘いつつ、出発から1時間ほどでポストイナ着。

そして誤算だったのですが、まさかの鍾乳洞入口下車。

f:id:hatatate30:20200514191205j:image

街中で降ろしてくれるもんだと思い込んでいました。

今考えると、そのまま乗り続けていれば

街の中心部まで連れて行ってくれたのかも…?

真偽の程は不明です。。

 

何はともあれ12時半ごろ無事ポストイナ着。

16時のツアーまでには時間に余裕があったので一安心です。

乗り物酔いを落ち着けて、荷物を置きに歩いて宿へ。

 

宿でひと休みしてから、身支度を整えます。

 

◆◇◆◇◆◇

鍾乳洞探検の服装

 

注意したいのがツアー時の服装!

一年を通じて気温の低い地下空間でのツアー、

所要時間は約1時間半。

なめてかかって軽装していくと、寒さのあまりツアーを楽しめません。

しっかり防寒対策をして、鍾乳洞を思う存分満喫しましょう。

f:id:hatatate30:20200518154636p:image

【上】

・ヒートテック

・スウェット

・ウルトラライトダウン

・マウンテンパーカー

 

【下】

・ヒートテックレギンス

・裏起毛ズボン

 

こんな感じの格好でちょうど良かったです。

トロッコに乗っているときはどうしても風を受けてしまうので

下半身が少し寒かったですが、ツアー中は快適でした。

そして相変わらずのユニクロ頼り。

ウルトラライトダウンは持って行き、洞窟に入る直前に着込みました。

 

さあ準備万端!!いざポストイナ鍾乳洞へ!!!!

 

◆◇◆◇◆◇

ポストイナ鍾乳洞探検レポ!!

 

鍾乳洞は、街の中心部から歩いて20〜30分ほど。

近づくにつれて建物や民家が少なくなっていきます。

f:id:hatatate30:20200514191400j:image

f:id:hatatate30:20200514191404j:image
f:id:hatatate30:20200514191356j:image

15:15、ポストイナ鍾乳洞着。

人はあまりいなかったです。

平日で、しかもツアー最終時間の16時ということもあり空いていたのかも。

チケット窓口も全然並んでいませんでした。

f:id:hatatate30:20200514191638j:image

窓口のスタッフさんに予約してある旨を伝え、

バウチャー画面を見せるとあっさり発券してくれました。

 

この日は当日券の販売もありましたが、

土日やハイシーズンだと売り切れる可能性もあります。

予約があると案内もスムーズにしてもらえるので

鍾乳洞へは予約していくことをオススメします。

 

ツアーはガイドさんが英語で案内してくれるとのこと。

オーディオガイドを借りる場合は3€。日本語対応もあり。

 

開始15分前には入り口にいるように、ということなので

それまで敷地内をぶらぶら。

f:id:hatatate30:20200514191805j:image
f:id:hatatate30:20200514191813j:image

f:id:hatatate30:20200514192047j:image

ホテルやカフェ、お土産屋さんが併設されています。

けっこう栄えてるな…

f:id:hatatate30:20200514191949j:image

開始15分前、入り口付近をうろうろ。

他のお客さんもぽつぽつ集まり始めていました。

f:id:hatatate30:20200514191953j:image

やがてスタッフさんが来て、ツアー言語別に分かれました。

英語のお客さんは30〜40人といったところ。思ったよりも少ない。

この日は中国からの団体客が多く、中国語ツアーが一番大所帯でした。

f:id:hatatate30:20200514191956j:image

言語別で順番に入り、建物内を歩いていくと…

f:id:hatatate30:20200518172250j:image

そこには長い長いトロッコが!!

f:id:hatatate30:20200514192222j:image
f:id:hatatate30:20200514192226j:image

適当なところに乗り込みます。

f:id:hatatate30:20200514192233j:image

いよいよ出発!!

f:id:hatatate30:20200514192230j:image

まずはトンネル内を走る。

おお、ジェットコースターみたいだ。

f:id:hatatate30:20200514192219j:image

トンネルを抜け、さっそく鍾乳洞に出ました。

なんだこれ楽しい。アトラクションか。

f:id:hatatate30:20200518173031j:image

f:id:hatatate30:20200518173318j:image

でろーんと垂れ下がった鍾乳石があちこちに。

f:id:hatatate30:20200518173358j:image

わくわくが止まらない。冒険感すごい。

インディージョーンズみたい(観たことない)!!

そして悔しいけど、どうしても思ってしまった。

デ、ディズニーシーみたい!!!!

f:id:hatatate30:20200518193112p:image

5分〜10分ほどトロッコに乗り、下車。

あっという間だった〜〜〜

 

降りてからは歩きで鍾乳洞探検!!

ガイドさんが説明しながら案内してくれます。

初っ端から、「ちゃんと付いて来なきゃ、ここで一晩過ごすことになるぜ!」

なんてジョークをかましてくるガイドさん。おちゃめか。

f:id:hatatate30:20200514194728j:image

ガイドさんの後をみんなでぞろぞろ付いていきます。

f:id:hatatate30:20200514194734j:image

いやー、見れば見るほど作り物のよう。

これが自然によって作られるとは…。

f:id:hatatate30:20200514194837j:image

鍾乳洞、かっこいい。

照明がまた効果的な位置に置いてあるなぁ。

鍾乳洞が絶妙に照らされている。

f:id:hatatate30:20200514194831j:image

ガイドさんが、いろんなものに見えるから想像力を働かせて、とも言っていたので

私もやってみる。

f:id:hatatate30:20200517165923p:image

昆布と木彫りの仏像。

我ながら、めっちゃ日本的発想だ…と思ってハッとしました。笑

 

この旅で、あー私ってとっても日本人!と思うことが何度もありました。

それは言語や文化だけでなく、ふとした思考や行動だったり、

今回のような思いがけない瞬間だったり。

外国に行くことで、自分が今までどんな環境で育って生きてきたかを

再確認できるのが興味深い。

これも旅の楽しみ方のひとつ。

 

f:id:hatatate30:20200514194746j:image

ツアーはまだまだ続きます。

f:id:hatatate30:20200514194738j:image

美しい鍾乳石が幾千も連なる姿に

思わず息を飲みます。

f:id:hatatate30:20200514194731j:image

地球じゃない別の惑星に迷い込んでしまったかのよう。

f:id:hatatate30:20200514194851j:image

色や形も様々。

迫力満点で見ごたえがあります。

f:id:hatatate30:20200514194855j:image

そんで広大。洞窟が奥の奥の奥まで続いている。

果てしなく広がる鍾乳石は、洞窟の奥の暗闇へと続いている…

じっと見ていると、美しいと思いつつも

なんだかぞくっとするような謎の不気味さをも覚えます。

f:id:hatatate30:20200514194901j:image

ツアー冒頭、ガイドさんが言っていた

「ついて来なきゃ一晩ここで過ごすことになる」は

たぶん割と本気だ…と悟りました。

f:id:hatatate30:20200514194858j:image

このポストイナ鍾乳洞を作ったのは地下水だけど、

ここまでの観光用の遊歩道を作ったのは人間だよな…。

すごい大掛かりな作業だったろうに…。

この国の一大プロジェクトだったに違いない。

f:id:hatatate30:20200514194847j:image

f:id:hatatate30:20200514194834j:image

よく見ると、水滴がついているのか

鍾乳石はツヤツヤのキラキラ。美肌でうらやま。

f:id:hatatate30:20200518111313p:image

鍾乳洞って初めて行ったんですが、

鍾乳石はなんだか美味しそうに見える、ということを知りました。笑

このとろ〜っと垂れ下がった石…

あ、美味しそう…って。

 

鍾乳洞の中は湿度高め。なんとなくお肌もしっとり。

でも寒いのでベタつく不快感はないです。

 

 

ツアー終盤、水槽が設置してある一角では

オルム(日本語ではホライモリ)という珍しい生き物を観察できます。

別名ベビードラゴン

かつてポストイナ鍾乳洞には

ドラゴンが住んでいると言われていたこともあり、

このオルムがドラゴンの赤ちゃんと信じられていたようです。

どっちかっていうとウーパールーパー寄りの見た目。

f:id:hatatate30:20200514195025j:image

頑張って撮ったベビードラゴンの写真。

控えめに言ってヘタですね…各自検索してください。

 

ツアーの最後はこちらのホール

こちらのぽっかり空いた大広間のような空間、音響効果抜群。

ダンスやコンサートのホールとして使われているそうです。

f:id:hatatate30:20200514194844j:image

音の響きを確認するために、なんとガイドさんが歌ってくれました。

スロヴェニアの歌らしい。び、美声…!

 

そんなこんなでツアー終了。

帰りのトロッコを待っている間は、こちらのお土産屋さんをぶらぶらします。

f:id:hatatate30:20200514195022j:image

地下にまでお土産屋さんがあるとは…すごい設備の整いよう。

ここで働く人、毎日トロッコ通勤じゃん…。

 

やがて帰りのトロッコが来て、またもや5~10分かけて地上の世界へ戻りました。

 

なんと出口には写真コーナーがあり、

いつの間にか撮られていたらしい写真を売っていました…。

本当にアトラクションみたい。

 

こうして17:30、ポストイナ鍾乳洞探検終了。

いや〜それにしても面白かった。

トロッコも鍾乳洞も最高でした。

冒険心がくすぐられ、童心にかえったようなわくわく感を味わえます。

ポストイナ鍾乳洞、機会があれば是非。

 

◆◇◆◇◆◇

今回はこの辺で。

それではまた。