諸国漫遊

隙あらば放浪したい

【リュブリャナ】スロヴェニアの首都リュブリャナを散策。2018.10.23

f:id:hatatate30:20210707232523p:image

◆◇概要◇◆

2018.10.2~2019.1.19のバックパッカー旅行中、日記をほぼ毎日つけていました。

それを加筆修正し、晒して供養しようというものです。

 

この日からはスロヴェニア編!!

初日は首都リュブリャナで、街のシンボルのリュブリャナ城旧市街を散策しました。

 

この旅をするまでは、恥ずかしながらスロヴェニアという国がどこにあるのか、どんなところか全く知りませんでした。

ルートに組み込んだ理由も単純、通り道だし行ってみるか〜くらいの軽い気持ち。

でも実際に訪れてからは…

 

好き。

もう一回行きたい。

生まれ変わったらリュブリャナっ子になりたい。

※ウィーンっ子でもブダペストっ子でもマルタっ子でも可。

 

スロヴェニアでのあれこれを残しておきたいという思いから、以前割としっかり目に記事にしたほど。約1年前、ステイホーム期間で暇だったというのもありますが。

 

リュブリャナ城についてはこちら↓↓↓

www.shokokumanyu.work

導入おんなじようなとこ言ってる。そしてこっちの方がまとまっていると思います。

 

以下、いつも通り雑多な日記ですがお付き合いください。

 

 

10/23(火)晴れ

7時起床。ホステル1階の共有スペースで今日の計画。

8時朝ご飯。ダイニングテーブルの上のシリアルとチーズとりんご、ちょっと離れたところのパンを自由に取る。飲み物はコーヒーと数種類の紅茶、いくつかのシロップ等。終わったら自分でお皿を洗う。

こぢんまりしたダイニングは、実家の食卓感があった。もちろんうちの実家とは程遠いけど。

なんというか、一般家庭にホームステイしているような感覚になった。今まで泊まっていたホステルが結構大きな施設だったから新鮮。

 

 

食べ終えて支度し、8:40出発。まずはリュブリャナ城へ。

外に出ると、冬の冷気を感じた。冷たい空気が気持ちいい。少し霧が出ていた。

 

街を歩く。通勤の人たちがそれなりにいた。歩きだったりチャリだったり。

チャリで曲がるとき、みんなしっかり合図するよね!ブダペストでも思った!えらい!

f:id:hatatate30:20210628132651j:image

そして街並み。可愛らしさもあり、懐かしさもある。緑豊かな公園も見かけた。

うん、やっぱり好きリュブリャナ好き!!第一印象から決めてました!!好きです!!生まれ変わったらリュブリャナっ子になりたい。

f:id:hatatate30:20210628132648j:image

リュブリャナ城までの道のりがまた良い。新市街から川を越えて旧市街へ。お店が並び、店員さん達が開店準備をしていた。1日の始まりを感じさせる。

建物の間からはすでにリュブリャナ城が見えている。かっこいい。わくわく。

f:id:hatatate30:20210628132625j:image

旧市街から少し路地に入って、丘を登る。次第に林の中へ入っていった。ちなみにケーブルカーもあるけど、ここはやっぱり歩きで。

歩いて行けそうならできるだけ自分の足で行ってみる。この旅の自分ルールに則る。

f:id:hatatate30:20210628132644j:image

人は2.3人程しか見かけなかった。うおーダンジョン感あって興奮する。

f:id:hatatate30:20210628132629j:image
f:id:hatatate30:20210628132640j:image
f:id:hatatate30:20210628132655j:image

※途中で出くわすケーブルカーの線路。これが見えたらもうすぐ到着のはず。

f:id:hatatate30:20210628132633j:image

丘を登り始めて約10分、リュブリャナ城到着。

f:id:hatatate30:20210628132943j:image

ひええ。好き。無骨でシンプルな感じが非常にクール。

かつては城塞だったらしい。どうりで。

f:id:hatatate30:20210628133024j:image

チケットを買い入場。オーディオガイド付きで10ユーロ。日本語があってびっくり。

チケット売り場のお姉さんもオーディオガイド貸出のお姉さんも優しいそして美しい。

f:id:hatatate30:20210628132957j:image
地図をもらい、その番号の表示通りに進めば良いみたい。

昔の入り口や牢獄、火薬庫等を自由に見学できる。自分のペースで好きなようにウロウロできるのがポイント高い。

f:id:hatatate30:20210628132931j:image

※オーディオガイドも地図も日本語対応で大変ありがたい!!

f:id:hatatate30:20210628133008j:image
f:id:hatatate30:20210628132927j:image
f:id:hatatate30:20210628133028j:image

そして何より圧巻だったのが展望塔からの眺め。

f:id:hatatate30:20210628132913j:image

すごい。街を一望。好き。遠くに標高の高そうな山脈が見えた。

霧が山から街へと流れていき、オレンジ屋根を覆い尽くしてはすり抜けていく。

ダイナミックな自然と美しい街の融合。なんじゃこれ。これは現実か。

今まで出会ったことのないような現実味の無い光景に、しばらく無心で眺めてしまう。

f:id:hatatate30:20210628133036j:image

霧の流れが見えたのは、午前中だったからだろうな。朝一で行ってよかった。感動。

でも結構寒い。15分もすると手がかじかんできた。

f:id:hatatate30:20210708000032g:image

以下、オーディオガイドの情報。

=======

天気が良いとスロヴェニアの1/3の景色が見渡せる。火事の信号塔としても使われた。

1905年に市長イヴァン・フリバルが国から城を購入。文化行事の中心としようとしたが実現せず。市内に住宅が不足していたため、城をアパートとして使用。

1920年代、500人の人が城に住んでいた。家を買えず住居を見つけられない下層階級の人々。1964年に最後の住民がでていった。

第一次、第二次世界大戦も住居として使われていた。今や文化行事の中心としてフリバル氏の意向が汲まれている。

========

城っていうと特権階級が住むイメージだけど、正反対の下層階級の人を住まわせるとは。なんと素敵な心意気。

f:id:hatatate30:20210628132917j:image

この景色を見ながら生活できるって最高だな。

 

また、敷地内の教会には男性が龍の口の中に剣をぶっ刺してる絵があり、リュブリャナの龍伝説を知った。

以下、オーディオガイドのうろ覚え内容。

========

昔、丘の上に龍が住んでいて、毎年1人女の子を生贄にするよう所望していた。

ある年、1人の女の子が生贄になり、その子のお父さんが「龍を倒した者はこの子を嫁にやる」と言ったそう。

そしてある1人の若者が龍を倒し、トドメで龍の口の中に剣を突き刺した。すると地面が割れ、龍はその穴に落ちていった。

========

そんな感じです。

ちなみにその場所にリュブリャナ城の教会を建てたとか何とか。なるほど、それでこの街はやたら龍推しなのね。

f:id:hatatate30:20210628132938j:image

※くだんの教会。龍が剣をぶっ刺されてる絵、写真撮ったのですがデータ消えましたよ〜〜〜

 龍推しのリュブリャナについて書いた記事はこちら↓↓↓

www.shokokumanyu.work

 

ところでこのオーディオガイド、絶対借りるべき。

お城の説明はもちろん、スロヴェニアの歴史にまつわる展示や人形博物館の内容もカバーしていてとっても内容盛りだくさん。ちゃんと全部聴こうと思ったら半日以上かかると思う。

f:id:hatatate30:20210707235932g:image

※人形博物館にいたやつ。紐引っ張ったらまばたきしてくれる。

ただ、オーディオガイドがなぜかやたらバッテリー切れを起こした。2回替えてもらった。お姉さんが言うには、寒さでバッテリーの持ちが悪くなってるとか。快く替えてくれます。


13時過ぎに歩いて下山。天気が良くて気持ちいい。

早朝は寒かったけど、だんだん暖かくなってきた。

f:id:hatatate30:20210628133019j:imagef:id:hatatate30:20210628133016j:image
f:id:hatatate30:20210628133004j:image
下山途中の景色もまた良い。オレンジ屋根が近くなっていくにつれてワクワクも増していく。

f:id:hatatate30:20210628133517j:image

f:id:hatatate30:20210628133536j:image

街をぶらぶら。お昼どうしようかな、川沿いのレストランはどこも混んでるな。

f:id:hatatate30:20210628133525j:image

教会を見学してから空いているレストランに行こうと思い立つが、教会は12時〜15時まで閉まっていた。

 

どうしよう。るるぶ様を見る。るるぶ様のおススメレストランへ。

観光名所の少ない新市街にあるためか時間帯のせいか、結構空いているようだった。

 

店内へ入る。店員さんいない。店内をぶらぶら。あっ店員さん発見。

席ありますか?と聞くと、ダンディな店員のおじさんが「あるよ。」と一言。そしてなぜか握手をされる。なんなんだよ。

 

座ってメニューを見るが、さっぱり分からないので店員さんのオススメにした。

きのこのスープ、ソーセージとザワークラウトとマッシュポテトの盛り合わせ、りんごジュースを注文。

飲み物がすぐに来て、きのこスープが運ばれた。

f:id:hatatate30:20210628133219j:image

くり抜いたパンに入ってる〜。心惹かれる〜。味も美味しい。優しい味。

でもボリュームたっぷり。や、やばい。メイン食べられるだろうか…。

 

完食し、メインが来る。

f:id:hatatate30:20210628133216j:image

ソーセージとザワークラウトとマッシュポテトの盛り合わせ。

ソーセージの太さよ。

もちろん美味しいけど、案の定半分くらいでキツくなる。何回目だよこのパターン!!

ゆっくり食べて完食。今日夜ご飯いらないかも。お会計15.80€。

 

15時過ぎ、聖ニコラス大聖堂へ。

f:id:hatatate30:20210628133543j:image

入り口、怖。

f:id:hatatate30:20210628133449j:image

禍々しさを感じる。

人がちょうど出てきたから分かったけど、いなかったらスルーしてたかも。中に入る。

f:id:hatatate30:20210628133550j:image

おお、豪華。シャンデリアに金の装飾。とてもバロック調。

f:id:hatatate30:20210628133438j:image

後ろの大きなパイプオルガンにまで金の彫刻が。

f:id:hatatate30:20210628133532j:image

天井画の色が鮮やか。新しいのかな。

教会内をしばらく観察。こんなに豪華で素敵な教会なのに、あまり人がいない。なんか逆に新鮮。最近は観光客いっぱいの教会が多かったから。

f:id:hatatate30:20210628133512j:image

 

お次はフランシスコ会教会。街中でひときわ目を引くピンク色の可愛らしい教会。

f:id:hatatate30:20210628133500j:image

そして内部とのギャップ。

バ、バロック〜。こちらもなかなかのバロックぶり。豪華な装飾。

f:id:hatatate30:20210628133547j:image

天井画は、先ほどの聖ニコラス大聖堂より色褪せて見えた。あと光があまり入って来ず、暗めの内部。

こちらも観光客はあまりいない。ただ、お祈りをしている方がちらほら。カシャッとかポコッとか鳴らせないよね。控えめに写真を撮りつつ見学。

奥にも入れた。チャペルって書いてあったけど、なんかイメージと違う。小さなお祈りの場という感じ。こちらも信者の方がお祈りをしていた。ちらっとのぞいてさっさと退散。
 

フランシスコ会教会は、街の中心であるプレシェルノヴ広場に面している。

f:id:hatatate30:20210628133429j:image

人が行き交うだけでなく、待ち合わせ場所としても使われているよう。とても賑やかで活気ある広場だった。

そこから伸びる三本橋にも、観光客や地元の人がたくさん。

f:id:hatatate30:20210628133529j:image

あ、龍の橋も人いっぱいいた。龍がいた。

f:id:hatatate30:20210628133842j:image

※こちら龍の橋。リュブリャナのシンボルである龍の彫像が特徴。

f:id:hatatate30:20210628133846j:image

そんな感じ。以上雑なダイジェスト。

 

駅に行って明日行くブレッドまでのバス往復チケットを買う。

f:id:hatatate30:20210707232740j:image

駅にバスチケット売り場があり、バスもその周辺のバス乗り場から出るようだ。往復12.84€

切符売り場のおじさん、非常にスムーズに対応してくれて良かった。窓口でバスチケット買うの初めてだったから実は少し不安だった。私のようなリュブリャナ⇄ブレッドへ行く観光客は山ほどいるんだろうな。

 

( ´-` )明日、ブレッドまでの往復チケットをお願いします。

(・o・)行きは何時にする?毎時間出るよ。

( ´-` )じゃあ8時で。

(・o・)オッケー。

( ´-` )帰りの時間も決めた方がいいですか?

(・o・)いや、帰りはオープンチケットだから何時のに乗っても大丈夫だよ。この紙に帰りのバスの時間書いてあるから。

( ´-` )わかりました、ありがとう。

 

こんな感じであっさり取れた。よかった~。

そんで行きだけ時間決めるんだね。帰りのバス時刻表を用意してくれてあるきめ細やかさよ。

 

スーパーに寄ってホステルへ帰ることにする。

16時過ぎ、帰宅時間なのか、地元の人がたくさん行き交っていた。バスも満員っぽい。チャリもキックボードもスケボーもローラーブレードもいた。ローラーブレード2人見たよ!少女とお兄さん!!いやー興奮するわー。

 

スーパーで水とルッコラとパン3つと生理ナプキン購入。5.84€。明日の朝とお昼はサンドイッチ作って持って行こう。22時過ぎ就寝。

 

 

【Instagram・Twitter】

https://lit.link/hatatate

 

【写真AC】

●旅の写真をアップしております。

https://www.photo-ac.com/profile/2520301

 

【イラストAC】

●趣味のお絵描き。よろしければダウンロードしてお使いください。

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uzQBVlDi&area=1

 

【pixiv】

https://www.pixiv.net/member.php?id=27940460