諸国漫遊

隙あらば放浪したい

【ポストイナ】鍾乳洞探検ツアーに参加してみた。2018.10.26

f:id:hatatate30:20210728192354p:image

◆◇概要◇◆

2018.10.2~2019.1.19のバックパッカー旅行中、日記をほぼ毎日つけていました。

それを加筆修正し、晒して供養しようというものです。

 

前半はotakuが国境を越えた話なので読み飛ばして大丈夫なやつです。

ただ個人的には、この旅で5本の指に入るほど非常に印象深い交流となりました。ひとつ声を大にして言いたいことは、世の漫画家さんは偉大である。

 

この日の目玉は何と言ってもポストイナ鍾乳洞!

洞窟内を疾走するトロッコは迫力満点で、これから向かう地下世界への期待を最大限に高めてくれます。

そして鍾乳洞ツアーで目の当たりにするのは、まるで別の惑星に来てしまったかのような不思議で幻想的な光景

 

ワクワクしっぱなしの大冒険気分が味わえるポストイナ鍾乳洞、機会があればぜひ。

 

 過去記事はこちら↓↓↓

www.shokokumanyu.work

 

 

 

10/26(金)くもりのち雨

7:30起床。同室の男の人のいびきがうるさくてイライラ。ホステルあるある。

 

身支度を済ませて8時朝ご飯。ダイニングには、すでに男の人が座っていた。向こうから自己紹介をしてくれた(名前は難しくて忘れてしまった)。私も名乗り、握手。おお、初めてホステルっぽい交流をしたぞ。

彼はその後も話しかけてくれた。イスラエルから来たという彼。日本には行ったことがないけど、いつか訪れたいとのこと。彼と話していると、別の宿泊客もぱらぱらとダイニングにやって来た。それぞれ軽く挨拶し、最終的に4人で食卓を囲む。

イスラエルの彼が、僕は日本の漫画が好きだよ!と言った。それを聞いた瞬間、もうなんか反射的に、ありがとうって言っちゃった。私何もしてないけど。

 

(°▽°)ありがとう、私も大好きなの。

( ´ ▽ ` )オー、どんな漫画が好き?

(°▽°)えーーーっ、き、決められないあなたは?

( ´ ▽ ` )うーん、ONE PIECEが好きだよ。

 

さすがONE PIECE…海外でも真っ先に名が挙がるこの人気ぶりよ

(°▽°)ああ~、とても有名だね。

( ´ ▽ ` )あとは、フルメタルアルケミストが好きだね。

 

…えっフルメタルアルケミスト?えっ、えっ、フル、ハガレン??えっハガレン??ハ?ガレン??

予想外。ドラゴンボールが来ると思ってた。まさかの鋼の錬金術師にもうめっちゃ動揺。そんで動揺と感動が同時に押し寄せて来て、思わず挙動不審に。アアアアイラブイット!!!!と叫ぶ。彼も嬉しそう。

 

(((o(*゚▽゚*)o)))私ロイマスタングが好きなの!!

指をパチンと鳴らす。バッチリ伝わる。

( ´ ▽ ` )あー、いいね。僕はグリードが好き。

(((o(*゚▽゚*)o)))ああああ!彼、だんだん良いヤツになっていくよね!!

( ´ ▽ ` )イエス。あと僕、好きなマンガあるんだけど、なんていうタイトルか忘れちゃった調べるからちょっと待って。

そう言って、スマホで調べ始める彼。

( ´ ▽ ` )そうそう、シンゲキノキョジン!!

 

うわあああああ!!!!思わず拳で机をバンバンしてしまう。だってシンゲキノキョジンって!日本語で言ったよ彼!!びっくりだよ!!アイラブイット!!またもや叫ぶ。

( ´ ▽ ` )リヴァイがクールだよね。

(((o(*゚▽゚*)o)))イェッスイエェッス!!

わかりみが深い。兵長の良さは国境を越える。

(((o(*゚▽゚*)o)))日本では今アニメを放送してて、もう毎回待ちきれないんだよ!

( ´ ▽ ` )ああ、分かるよ。あと読んでるのは、ボクノ…ヒロ?ちょっと待って。

 

またもやスマホで何やら調べ始める。そして見せてくれた画面が、僕のヒーローアカデミアだった。なるほど!!!!ヒロアカまで出てくるとは。

(((o(*゚▽゚*)o)))これは読んだことないけど、有名だね!アニメもやってるよね。

( ´ ▽ ` )そうなんだよ。まあ最近一番ハマってるのは進撃かな。

(((o(*゚▽゚*)o)))進撃はだんだん複雑になってきたけど、めっちゃ面白いよね。

 

こんな見知らぬ異国の地で、国も言語も違う人と、日本のマンガの話ができるなんて。信じられない。本当にびっくりした。興奮した。手が震えた。ちょっと涙出てきてた。感動。マンガは偉大である。漫画家の皆様の作品が海を渡って愛され、この小さなホステルで心温まる交流がなされました。奇跡です。ありがとうございます。いつもお世話になっております。

f:id:hatatate30:20210728215147p:image

そこから、一緒に朝ご飯を食べていた4人で少しお話をした。アルゼンチン人の女性はスペインでサイコロジストをやっていて、病院で働いてるらしい。イタリア人の男性はイタリア語スペイン語ドイツ語が話せるらしい。なんと国際的な空間。

それぞれが出身地や仕事についてなどの自己紹介をしつつ、リュブリャナとてもステキなところだね、なんて話をした。

 

ところで初めてホステルっぽい交流をしたな。他の宿泊客と楽しくおしゃべりするなんて、語学力的にも性格的にも私は出来ないだろうな…なんて決めつけていたから。自分でも意外だった。

私の英語はお粗末なものだったけど、みんなフォローを入れたり理解しようとしてくれたりしたし、私もみんなの話を頑張って聞き取ろうとした。

こんな体験ができたのも、最初に話しかけてくれたイスラエルの彼のおかげだなぁ。

 

 

朝ご飯を食べ終えて荷造りをし、9:30チエックアウト。受付のお姉さんがまた来てねと言ってくれて嬉しい。とりあえず荷物はホステルに預け、お昼ご飯を調達。ホステル近くのスーパーで、サンドイッチとハリボーのハッピーコーラ、プラムを購入。

 

ホステルに戻って荷物を引き取り、駅へ向かう。そういえばホステルの斜め向かいあたりにあるお家、ずっと気になってたんだけど何だったんだろう。門の前に日本国旗がたっており、玄関の上には大きな菊の紋があった。日本大使館?

※後で調べたらやはり大使館でした。日本だけでなく、どうやら大使館が多い一帯だったよう。

 

 

11時、リュブリャナ駅前のバス乗り場に到着。早めについたけど乗り場はすでにバスがいる。乗り込んで運転手さんにポストイナ?と聞くとノー、ネクストバスとのこと。なんだ。

 

と言うわけで駅前で待ちぼうけ。駅構内にも入ってみた。リュブリャナ駅も改札が無い。するりとホームに入れた。ウィーンの駅もそうだったし、ヨーロッパではスタンダードなんだろうか。

そしてリュブリャナ駅、やけに閑散としている。首都の駅ってこう、もっと人がひっきりなしに行ったり来たりみたいなイメージだけど。駅前には結構人がいるのに。みんなバス派なのかな。

 

11:20、バスが来ない。そわそわ。11:27くらいに来た。無事乗り込む。荷物はセルフでバス下部の荷物入れに入れるシステム。下ろすのも自分でだろうな。忘れないよう気をつけなければ。

バス出発。リュブリャナの街が遠ざかっていき、いつもの如く牧草地と小さな街の繰り返しに。

f:id:hatatate30:20210721155856p:image

そして完全に油断していたのだけれど、めっちゃ山道。スマホいじってた私、無事に車酔い。あーやばい、油断してた。ブレッドまでが意外に平坦な道だったから、今回もそんな感じかと思い込んで余裕こいてた。めっちゃ道グネグネやん。

気持ち悪さの波が寄せては返す。あーきっつ。今どこ?グーグルマップで場所を確認。案外もうポストイナの近くにいるぞ。でも画面見たことでまた波が来る。あー早く着いてくれ。

f:id:hatatate30:20210721152151j:image

そんなこんなで到着。しかも洞窟の真ん前に下ろしてくれた。

どっちかっていうと街中のバス停の方がホステルに近くて良かったんだけどな…。バス駐車場でしばらくしゃがみ込み、気持ち悪さが落ち着くのを待った。

 

回復を待って5分後、ホステルへ向かう。ゆるい上り坂と下り坂が延々続く道。

f:id:hatatate30:20210721152312j:image

てかめっちゃ田舎。ドがつく田舎出身の私が言うのも何だけど。田舎者お墨付きです。まあ鍾乳洞見に来たんだから自然が近いのは当たり前か。

f:id:hatatate30:20210721152305j:image

重いバックパックを背負い、坂道をとぼとぼ進む。

f:id:hatatate30:20210721152309j:image

 

住宅地を抜け、今日のホステル到着。かなり大きなホステル。少年自然の家って感じ。

そしてまだ13時。チェックインは14時から。どっか座れるところでお昼食べよう。ホステル前はちょっとした公園のようになっており、ベンチもたくさんある。この辺で食べようかとも思ったけど、さっきからどこからともなく牧場の臭いが漂ってきている。もうちょっと良いとこないかな…。またもやとぼとぼ歩き、臭いのしない座れるところを探す。だめだ。どこに行っても家畜臭。

諦めて、大通りに面したベンチでお昼にする。目の前には車の行き交う大通り、その向こうは広大な原っぱと雄々しい山々。ときどき人が歩いてきて、私の目の前を通り過ぎる。視線を感じる。色々探したわりに、なんて場所で私はお昼を食べているんだ。もっと良いとこあっただろ。

 

何だかんだで食べ終え、ホステルへ。今回はシングルルームを頼んだ。が、案内されたのは3人部屋。あなた1人しか使わないからと説明を受けた。そんなこともあるのか。広々使えてラッキーだけど。

 

ところでこのホステル、入ってみると非常に広い施設だということがわかった。いろんな方向に廊下が伸びており、部屋やトイレやバスルーム、キッチン、小会議室などへと繋がっていた。本当に自然の家みたい。学生の頃の合宿を思い出した。

 

宿泊客の年齢層は様々。若者だけでなく、おじさまおばさま子供も見かけた。こんなに大きな施設なのに宿泊客は少ないらしく、出会ったのは10人前後。人がおらず快適な面もあるけど、少し不気味な気もした。実際、見知らぬ建物の長く薄暗い廊下を1人で歩くのはちょっと怖かった。誰もいないと思いつつ、何度か後ろを振り返りながら進んだ。

 

 

14:50ポストイナ鍾乳洞へ向かう。

歩いて15:15着。人はあまりいない。平日の、しかもツアー最終16:00だったので空いていたのかもしれない。

f:id:hatatate30:20210721152420j:image

チケット売り場も全然並んでない。スタッフさんに予約してある旨を伝え、メールで送られてきた画面を見せると、あっさり発券してくれた。

ツアーはガイドさんが英語で案内してくれるようだ。オーディオガイドを借りる場合は3€。日本語のオーディオガイドもあった。でもいいや。

開始15分前には入り口にいるようにとのこと。チケットカウンターのスタッフさんの説明、とても丁寧。優しかった。

f:id:hatatate30:20210721152416j:image

時間までその辺をうろうろ。

敷地内はホテルやカフェ、お土産屋さんが併設されており、思った以上に栄えていた。ちょっとした小さな街のような。

f:id:hatatate30:20210721152428j:image

開始15分前、入り口付近をうろうろ。

f:id:hatatate30:20210721152435j:image

お客さんは、中国人の団体、それ以外の10名ほどのアジア人、あとは欧米人。

f:id:hatatate30:20210721152438j:image

やがて開門し、それぞれの言語が掲げられたプレートの下にみんな集まる。英語はやはり人が多いが、3040人といったところ。思ったよりも少ない。

f:id:hatatate30:20210721152431j:image

言語別で順番に洞窟へ入っていく。

f:id:hatatate30:20210721152637j:image

内部をを少し歩くと、そこには長い長いトロッコが。

f:id:hatatate30:20210721152619j:image

乗り込み、出発。トンネル内を走る。

f:id:hatatate30:20210721152633j:image

f:id:hatatate30:20210721152616j:image

おお、ジェットコースターみたい。想像以上に速い。

f:id:hatatate30:20210721152626j:image

すぐに鍾乳洞に出た。なんだこれ。アトラクションか。

f:id:hatatate30:20210728231126g:image

でろーんと垂れ下がった鍾乳石があちこちに。わくわくが止まらない。冒険感すごい。インディージョーンズ(観たことない)!!

そしてこれ言いたくないんだけど、思っちゃった。ディズニーシーみたい!!!!

f:id:hatatate30:20210721160045p:image

5分~10分ほどトロッコに乗り、下車。


英語のガイドさんが何やら説明している。聞き取れず大半が理解できなかったが、ちゃんと付いて来なきゃ、ここで一晩過ごすことになるぜ!だけ分かった。

 

ガイドさんの後をみんなでぞろぞろ付いていく。

f:id:hatatate30:20210721152741j:image

いやー、見れば見るほど作り物のよう。これが自然によって作られているとは。鍾乳洞かっこいい。

そして照明がまた効果的な位置に置いてあるなぁ。鍾乳洞が絶妙に照らされている。

f:id:hatatate30:20210721155525j:image
f:id:hatatate30:20210721155508j:image

f:id:hatatate30:20210728231521g:image

ガイドさんが、いろんなものに見えるから想像力を働かせてみて、とも言ってた。私もやってみる。

f:id:hatatate30:20210721155936p:image

だらっとぶら下がった帯状の鍾乳石、昆布に見えた。にょこにょこ生えたみたいな石、仏像に見えた。こんなところで自分の日本人らしさを実感するとは。

f:id:hatatate30:20210721155528j:image

あと、鍾乳洞の石って美味しそうに見える。このとろ~っと垂れ下がった石。あ、なんか美味しそうって思っちゃった。

f:id:hatatate30:20210721155941p:image

鍾乳洞の中は寒く、湿度高め。なんとなくお肌しっとりな気がしたけど、寒いのでベタつく不快感はない。

石に水がついているのか、キラキラ光って綺麗だった。宝石かラメでも埋め込んでいるかのよう。またディズニーのアトラクションみたーい!って思っちゃった。いや、ディズニーの人がこういうところに来て、あれを再現しているんだからね!

f:id:hatatate30:20210721155514j:image

この鍾乳洞を作ったのは地下水だけど、ここまでの観光用の道のりを作ったのは人間だよな。すごい大掛かりな作業だったろうな。この果てしなく広がる地下洞窟にトロッコ敷いて、遊歩道作って、照明置いて…。

ポストイナ鍾乳洞の整備、この国の一大プロジェクトだったに違いない。

 

ちなみに服装はこんな感じ。安定のユニクロ率。

f:id:hatatate30:20210721160003p:image

トロッコに乗っているときは下半身が少し寒かった。ツアーの時は全く寒くなく暑くもなく、快適だった。


あと、謎の生き物も見た。ウーパールーパーみたいな感じ。

f:id:hatatate30:20210721152817j:image

※ホライモリというらしい。

 

最後のホールでは、音響効果を確認するために、ガイドさんが歌ってくれた。スロヴェニアの歌らしい。び、美声。

f:id:hatatate30:20210721152751j:image

そんなこんなでツアー終了。トロッコが来るまでお土産屋さんを見る。

 

やがて帰りのトロッコが到着。鍾乳洞を眺めつつトロッコに揺られ、10~15分ほどで地上へ戻った。

f:id:hatatate30:20210721152805j:image

出口に写真コーナーがあって、いつの間にか撮られていたらしい写真を売っていた。本当にアトラクションみたい。いらんので17:30さっさと帰る。

いや~それにしても面白かった。鍾乳洞はもちろん、トロッコ乗るだけでも価値があると思う。

 

小雨が降る中早足で帰った。スーパーに寄ってカップ麺とサラダと水とポテチを購入。買って自室で食べる。21時過ぎ就寝。

 

 

【Instagram・Twitter】

https://lit.link/hatatate

 

【写真AC】

●旅の写真をアップしております。

https://www.photo-ac.com/profile/2520301

 

【イラストAC】

●趣味のお絵描き。よろしければダウンロードしてお使いください。

https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uzQBVlDi&area=1

 

【pixiv】

https://www.pixiv.net/member.php?id=27940460